理学整体とは

独自の優しい動きで全身の筋肉を調整し、体内のすべての器官を整える整体です。

全身を根本的に改善します。

全身を整えると正しく身体を使えるようになり結果、驚くほど元気になります。 

 

理学整体の考え方

症状を引き起こしている原因は

腰痛・ひざ痛など様々な症状を抱えている人の身体には必ず異常があります。

なぜそうなってしまったのか?

日常生活を正しく身体を使いながら過ごせていないことが最大の原因と考えられます。

正しく身体を使うためには、全身の筋肉が正しい状態であることが必要です。

理学整体では、さまざまな症状を引き起こすのは「筋肉の壊れ(こわれ)」が原因であると考えます。

「筋肉の壊れ」とは、筋肉が本来の正しい働きができなくなっていることを意味します。

日常生活、仕事、運動などで、身体を使うことで、知らず知らずの内に筋肉は壊れていきます。

それが、休息をしても自然に修復できなくなったとき、問題が生じてくるのです

 

原因である「筋肉の壊れ」が身体に及ぼす影響

筋肉が壊れることで、筋肉が正しく働くことができなくなります。

そしてそれは、体の歪み(姿勢)・動きの異常となって現れます。

理学整体では、すべての身体の異常は、手足・体幹の形や動きの異常となって現れると考えます。

また、筋肉が壊れると「運動系」=運動機能だけではなく、「自律系」=内臓機能にも影響を及ぼします。

たとえば、ずっと前かがみの姿勢になっている方は、内臓を圧迫するため、本来内臓があるべき正しい位置や形が崩れ、正しい機能を果たすことができなくなる可能性があります。つまり「運動系」の異常が「自律系」にも悪影響を及ぼす可能性があるということです。

同様に 「自律系」の異常も「運動系」の異常を引き起こします。

精神的、内科的ストレスなどのために内臓機能=「自律系」に異常がおきた場合、この異常は「運動系」に影響を及ぼします。

内臓に異常があると、自律神経を介して脊髄に伝えられ、さらに運動神経に伝わるため、骨格筋(胴体や手足の筋肉)を収縮させてしまいます。このため、背骨、骨盤などに歪みやねじれを引き起こします。

たとえば、腹痛が起きたとすると、身体は前かがみの姿勢にならざるを得なくなります。慢性的にこのような状態になれば、背骨は丸くなり、骨盤は後ろに傾いてしまうのです。

つまり、内科的な異常も「筋肉の壊れ」を引き起こすのです。

それにより「運動系」の異常が起こり、腰痛、肩こり、手足の痛みなどの症状をもたらすのです。

全身の機能回復をはかります

理学整体は、手足を優しく動かし施術します。手足の筋肉が正常に戻ると胴体も正常になります。胴体内にある「すべての内臓器官」もまた正常に働くようになります。つまり、手足を動かすことで、全身を整えることが出来るのです。
部位からの刺激でも自律系を含めた全体の機能を回復させることができるのが理学整体の治療法です。

そら健康院

大阪府豊中市曽根西町1-4-21

※阪急曽根駅徒歩1分

地図はこちら

06-7506-5773

火曜・日曜・祝日 休み

完全予約制 時間外は相談可能です

女性専門になります(ご家族の方に限り男性も受け付けております)

 施術料金  

一般整体[初回料]3000円 施術料]4000 [小学生以下]3000円

妊活整体[初回料]3000円 [施術料]7000

        

当院では健康保険を取り扱っておりませんので、ご了承下さい。